兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

大きくしていくことに理由はあるのか?

学び

LINEで送る
Pocket

【No.1381】

 

こんにちは!

理由はありますか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

昨日は色々と人と話している中で

コミュニティとか事業とかの

規模を拡大させていくという話がありました。

 

 

例えばコミュニティでいえば

あるコミュニティに新しい人に加わってもらうには

どうすればいいかと意見を求められたり

 

 

事業でいえば

あれもこれもできそうだから

事業をとにかく拡大させていきたいということで

意見を求められたり。

 

 

改めて考えてみて

まず初めに思い浮かぶことは

 

 

なんで大きくする必要が

あるのだろうか?

 

 

ということです。

 

 

「大きくする」ことは

目的になるのだろうか?

 

 

コミュニティを大きくすることの目的って

一体なんなんでしょうね。

 

 

仲間を集める

出会いが多くなる

などなど

 

 

いくつか理由はあるかもしれませんが

なんていうでしょうか

 

 

全然刺さらないですよね。

 

 

コミュニティが大きくなって

嬉しいのって中心にいる人だけじゃないかって。

 

 

コミュニティが大きくなると

役目みたいなのがあって

それこそコミュニティを大きくする役目も

あると思うんですが

 

 

そこで役割として求められるから

大きくしてるのかなって

思ってしまいますよね。

 

 

これって

ほとんどの人には関係のないことだから

刺さらないんでしょうね。

 

 

今ってコミュニティの時代なので

よく考えるとかなり多くの

コミュニティに所属してます。

 

 

思い浮かぶだけでも

10個くらい。

 

 

改めて考えてみて

コミュニティが拡大してることが

自分にとってどんな意味があるんでしょうね。

 

 

そこがわかってない時に

人を集めてコミュニティを拡大ってなっても

なかなか動きづらいですよね。

 

 

ただ人が集まっているだけでは

意味がないと思うんですよね。

(共通の目的のないだたの集団)

 

 

それと同じように

事業をとにかく拡大させたいというのも

一体なぜ?と考えてしまいます。

 

 

自分のミッションが明確で

誰を助けるためにこの人生を使うかを

明確にしていて

 

 

そのための拡大ってことなら

すごく意味がわかるんですが

 

 

儲かるようになるためにだったら

とても事業を拡大することと

儲かるがイコールのようには思えません。

 

 

もし拡大しなくても

利益を最大化(儲かる)できるなら

そっちの方がいいと思うんです。

 

 

これも結局

理由によるのかなって思いますね。

 

 

理由

すなわち理念に。

 

 

ここまで書いての気づきは

人を惹きつけるような理念があれば

どちらも成り立つなってこと。

 

 

そんな理念があれば

人も集まるし拡大することが

理念実現につながっていく。

 

 

理念があれば

その理念実現に必要な

組織の成長拡大が必須になる。

 

 

私が引っかかってたのは

この部分ですね。

 

 

大きくするっていうのが

手段として納得できれば

ガンガンやればいい。

 

 

大事なのは

やっぱり目的ですね。

 

 

私も自分の事業の拡大においては

この理念という「大きな理由」を中心に

考えていきたいなと思いました。

 

 

なんのために発展するかですね!!

 

 

 

【今日の学び】

なんのために発展しますか?

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。
LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss