兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

自分で腕立て伏せをするしかねぇという話

成功習慣

LINEで送る
Pocket

【No.1560】

 

こんにちは!

腕立てしてますか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

気がつけば

ゴールデンウィークの最終日。

 

 

そして

今更ですが

もう5月ですね。

 

 

いつもi-Padで観ていた

Bリーグの広島ドラゴンフライズの試合も

今日がシーズン最終戦。

 

 

シーズンが終わると

来シーズンの新チーム編成へ向けて

選手の移籍ラッシュが始まります。

 

 

昨年は広島ドラゴンフライズは

ほとんどの選手を入れ替えましたからね。

(それくらいの変化は必要)

 

 

プロの世界って

厳しいもんだなぁと思います。

 

 

でもよくよく考えると

スポーツだけじゃなくって

皆さんはそれぞれのフィールドでの

プロですからね。

 

 

決して

スポーツの世界だけの

話ではありません。

 

 

プロの世界では

生き残るという感覚が必要ですが

そんな意識で仕事をしてますでしょうか?

 

 

成長せずに

現状維持なんて

プロの世界にはありません。

 

 

自分を常に

成長させていかないといけないですね。

 

 

この連休中には

本の整理を進めていく中で

もっと深く学ばないといけないことが

たくさん見つかりました。

 

 

もっとレベルアップして

もっとチャレンジして

もっと貢献できることを増やすために。

 

 

これって読むだけでも

結構時間かかりそうだなって

思っちゃいそうですが

 

 

こんな時に

自分を奮い立たせてくれる

言葉があるんですよね。

 

 

私は結構ガチで

バスケットボールをしてたので

実感としてもすごくわかるこの言葉。

 

 

誰もあなたの代わりに

腕立て伏せをしてくれない

 

 

言葉にしたら

当たり前すぎるんですけど

 

 

自分の筋肉をつけたかったら

自分が腕立て伏せをするしかありません。

 

 

例え権力があって

人に腕立て伏せさせたところで

自分には筋肉はつかないんです。

 

 

自分がレベルアップしたかったら

自分がやらないといけないわけです。

 

 

どんなにきつくても

自分が走り込みをしなきゃ

自分の体力はつかないんですよね。

 

 

もちろん

組織としてということであれば

いつまでも自分がプレーヤーで

いる必要はないとは思いますが

 

 

 

どんな分野であっても

自分を高めないといけない部分は

あるんですよね。

 

 

その部分については

自分が腕立てでも走り込みでもしてでも

自分を鍛えていくしかないんです。

 

 

自分が大量にインプットして

自分がアウトプットしてたくさん恥かいて

自分で改善し続けていくしかないんです。

 

 

大変かもしれませんが

そうやって身につけたものは

そう簡単にはなくなりません。

 

 

なんかこうやって書いてたら

とりあえず寝る前に

腕立て伏せ10回だけして寝たくなりました。

 

 

自分で時間かけて

エネルギーを費やしたものは

裏切りませんからね。

 

 

特訓欲が湧いてきたので

早めに寝ます!

 

 

【今日の学び】

 

あなたにとっての腕立てを始めよう!

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。
LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss