兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

教えることは2倍学ぶことだと思った話

おすすめ記事

LINEで送る
Pocket

【No.1561】

 

こんにちは!

やっぱり抽象化ですか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

今日は大阪の堺市経由で

和歌山に行ってきました。

 

 

兵庫県からは

東に2県隣は全然近いですね。

 

 

1時間ちょっとです。

 

 

西に2県隣は広島の

4時間。

 

 

感覚がいい具合に

麻痺ってます。

 

 

今日はお客さんのところで

新人さんの教育をさせていただいてました。

 

 

20代前半の若者に

自分がこれを20代で

知っていたならということを

 

 

これでもかと

英才教育していますウッシッシ (顔)

 

 

例えば

 

 

期待を超えた時に

感動が生まれる

 

 

ということは

私たちの世代では

経験を通して理解していると思いますが

 

 

ここでポイントとなるのは

「相手の期待値を知ること」と

「それをコントロールすること」。

 

 

これができなかった私は

具体的にどう失敗してきたかとか

 

 

どうすればそれを知り

コントロールするかとか。

 

 

あと

 

 

結構研修でお伝えしてるんですが

 

 

 

聞いたことは、忘れる

見たことは、覚えている

やったことは、わかる

〇〇したことは、使う

 

 

 

この〇〇には

これが入ります。

 

 

「発見」

 

 

です。

 

 

この話をしながら

この「発見」というのは

抽象化して法則を見出すことだなと

ふと思いました。

 

 

データ→情報→知識→法則

 

 

個別具体的なデータから

抽象化することで法則を見出す。

 

 

成功事例を持つ5人の人の事例を聞いて

そこから共通する原理原則

抽出するようなものです。

 

 

こうして

法則を「発見」し

 

 

それを自分のフィールドに

また具体化して行動し

成果につなげる。

 

 

 

結局は

抽象と具体の行き来が

一番重要という話なんですが

 

 

これができるからこそ

発見したものが使いこなせるわけです。

 

 

そこから派生して

成果の出る人の本の読み方も

伝えておきました。

 

 

私は冊数だけは

読みまくったんですが

 

 

20〜30代の頃は

重要なところに線を引いたり

そのまま書き出すくらいでした。

 

 

本のダイジェスト版を作るイメージ。

 

 

でもそれだけじゃ

成果にはつながらないんですよね。

 

 

では成果をあげる人は

どうやって読んでいるか。

 

 

本に書き込みをするんですよね。

 

 

重要なことを書くとかじゃなくて

自分のアクションアイテムを

書いているんです。

 

 

使えそうな法則を見つけたら

具体的な自分のアクションに

すぐしちゃうんですよね。

 

 

そして

そのまま本を置いて

行動しちゃう。

 

 

実際にこんな本の読み方を

している人は

何人かいました。

 

 

私の方が読んでる本の量は

圧倒的に多くても

 

 

出している成果は

本にアクションを書いて

すぐに行動しちゃう人たちの方でした。

 

 

これも

抽象と具体の行き来を

自在にコントロールしてますよね。

 

 

教えることは2倍学ぶこと

 

 

好きな言葉なんですが

この仕事をしていると

本当に実感することが多いです。

 

 

今日もいい1日になりました。

 

 

【今日の学び】

 

抽象と具体を自在に行き来しよう!

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。
LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss