兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

あなたは注文を断ることができますか?

おすすめ記事

LINEで送る
Pocket

【No.1338】

 

こんにちは!

ムキムキですか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

子供の頃

いつも欠かさず読んでいた週刊少年ジャンプ

 

 

ジャンプ三大マンガの

ドラゴンボールにスラムダンクに幽遊白書も

毎週とても楽しみにしてたし

 

 

ジョジョやろくでなしブルースや

ターちゃんやすごいよマサルさんなども

面白かったですね。

 

 

そんな週刊少年ジャンプの中で

とても強く印象に残っているのが

広告ページ

 

 

スラムダンクの影響で

バスケットボールが好きになった

中1の頃の山根少年には

 

 

どうしても

欲しいものがあったんです。

 

 

購買欲を極限まで

高めてくれたのはこの漫画のせい。

 

これはブルワーカーという

身体を鍛える器具です。

 

 

当時毎週のように

ジャンプの最後のページで

宣伝されていて

 

 

戸愚呂弟に憧れるやつや

赤木に憧れるやつや

かめはめ波をどうしても出したいやつの

購買意欲に火をつけていましたね。

 

 

私はこの当時に

とても強いコンプレックスがありました。

 

 

それは

ガリガリだったこと。

 

 

今でこそ

その当時のことが自分でも

思い出せないくらいダイエットに苦戦してますが

 

 

確か中1の頃って

153cm36kgとかでした。

 

 

食べても太れない。

 

 

ガリガリなので

当然足も遅かったし

ボールも飛ばない。

 

 

同級生の女子よりも

運動ができなかった気がします。

 

 

足も細すぎて

体操服の短パンになるのがイヤでしたね。

 

 

そんな中

小学生の頃からずっと気になっていた

この広告。

 

 

商品自体はこんな器具です。

 

1万円以上するものでしたが

コンプレックスに悩んでいたため

お年玉を使って購入することを決意。

 

 

肋が浮くくらいガリガリだったので

あの逆三角形の身体に憧れたのです。

 

 

そして

電話をかけました。

 

 

田舎者だし子供だったので

実家のどの部屋で電話したとか

かなり鮮明に覚えていますね。

 

 

そして

注文を依頼しました。

 

 

だけど

結果的にはうちに届くことは

ありませんでした。

 

 

電話で対応してくださった方が

売ってくれなかったんですよね。

 

 

どういうことかというと

私の年齢が13歳だったから。

 

 

年齢制限は特に書いてなかったと

記憶していますが

 

 

これから成長期を迎える段階で

筋肉をつけすぎると背が伸びにくくなります

言われたんですよね。

 

 

だから

今は購入されない方がいいですと

断ってくれたんですよね。

 

 

私はこの対応に

とても感謝しています。

 

 

私はバスケットボールがしたかったので

背を伸ばしたかったんですよね。

 

 

だから「背が伸びる本」を読んだりして

自己流で色々試してたんです。

 

 

食べ物とか寝る時間帯とか

イメージとか呼吸法とか。

 

 

結果、中学の3年間で28cm伸びました。

 

高校一年で181cm56kgとかで

相変わらずガリガリでしたけどね。

 

でも筋肉がなかったから

伸びたんだと思います。

(今は面影もない191cm93kg)

 

 

あなたは注文を断れますか?

 

 

目先のことだけ考えると

注文を受けた方が売上が上がる。

 

 

だけどその人のためには

今売らない方がいいという時

あなたは注文を断れるでしょうか?

 

 

ビジネスの目的が

今の売上を上げることだったら

当然売るの一択でしょう。

 

 

だけど

ビジネス目的が

相手の人生の質を上げたり

豊かにすることなら

 

 

今がそのタイミングでないことが

明らかだったら売ってはいけないですよね。

 

 

それにこんな場合もあります。

 

 

たまにお客さんに相談されますが

「こんな注文が来たけど、どうしたらいいと思う?」

っていうケース。

 

 

理想のターゲットとも違うし

目指すべき理念とも合致しない案件。

 

 

売上のためには

受けた方がいいと思うけどって相談。

 

 

私は大抵こう答えます。

 

 

「やらなくていいと思います!!」

 

 

なぜかというと

相談されるということは

ご本人が違和感に気づいていること。

 

 

だから

やらなくていいと伝えると

やっぱりそうだよねって言われます。

 

 

確認したいだけかなと

思うんですよね。

 

 

その時に

「5年後もそういう案件やってます?」

「5年後もそのお客さんと付き合ってますか?」

こう聞くと絶対「やってないな」って答えられます。

 

 

だから

やらくていい場合がほとんどです。

 

 

それに

これは私が強く思うことですが

 

 

そんな違和感案件に対応する時間を

本当に助けるべき相手に使って欲しい。

 

 

私はお客さんの成功する未来が視えているので

本来のことに時間もエネルギーも

使って欲しいんですよね。

 

 

とにかく

理念に基づいて「断る」ってことも

大切にしていきたいですよね。

 

 

 

ちなみに

筋肉をつけずに知識を得て

努力で伸ばした身長なんですが

 

 

何もしていない妹が

170cmあるので

やっぱり遺伝の力も否定はできないです。

 

 

なんか

今欲しくなってきましたね

ブルーワーカー。

 

 

子供の頃のあの想いが

浄化されるかな。

 

 

買ったら報告します!

 

 

【今日の学び】

理念に基づいて断ることも大切にしよう!

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。
LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss