兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

「プロとアマの違い」を考えてみる

おすすめ記事

LINEで送る
Pocket

【No.1299】

 

こんにちは!

違いがわかりますか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

前にHP用の写真を

プロの方に撮っていただいたんですが

やっぱりプロって違いますよね。

 

 

これはなんかの申請で必要になった時に

家の冷蔵庫の横でスマホで撮った写真。

 

いわゆるアマの作品です。

 

 

プロの人に撮ってもらうと

これくらい変わります。

 

 

アイデアが浮かんだ瞬間。

 

 

くつろいでいても

すぐに電話対応する様。

 

 

本を読んでいたけど

真面目な話にすぐに対応する様。

 

 

悔いのない人生のために

一番好きなものを先にいただく様。

 

 

このブログ以外では

なかなかお披露目する勇気機会がない

写真ではありますが

 

 

キレイに撮っていただきました。

 

 

やっぱりプロは全然違うなぁと

思うわけです。

 

 

ところで

プロとアマの違いって

よく言われると思いますが

 

 

皆さんはどこに違いがあると

思いますか?

 

 

技術でしょうか?

 

 

基本的には

技術はプロの方があるかとは思いますが

技術だけだったらアマにも

すごい人はいるかと思います。

 

 

責任や覚悟でしょうか?

 

 

確かに

プロの方が責任や覚悟はあるでしょうね。

 

 

なんに対してのかというと

結果に対してってことですもんね。

 

 

この「結果を出すこと」というのが

一番大きな違いのように思います。

 

 

プロは結果を出すのが仕事。

結果を出す責任があります。

 

 

じゃないと

食べていけないですからね。

 

 

アマはその部分は

必須じゃないですもんね。

 

 

そう考えると

シンプルにこう言えるのかもしれません。

 

 

お金をもらうのがプロ。

お金をもらわないのがアマ。

 

 

ここに結果を出す責任も覚悟も

つながっているわけですもんね。

 

 

お金をもらうというのは

売れる商品を作るということでもあります。

 

 

どんな最悪な環境でも

プロは少なくとも売れる商品を作る。

 

 

売れるというところまでが

プロの仕事ということです。

 

 

いい作品だけ作って

売るところまでは知らないというのは

文字通りただのアマの作品なわけです。

 

 

プロは商品を作り

アマは作品を作る

 

 

売るところまで

もっと言えば売ったあとのところまで

自分で責任を取る覚悟を持つ。

 

 

プロとしてやっていく以上

その気持ちで

 

 

相手に届き

相手の人生の質を上げる商品を

作っていかなければなりません。

 

 

趣味でやるのではなく

ビジネスとしてやる。

 

 

とても重要な違いだと思いました。

 

 

ちなみに

スマホのマンガアプリで

「はじめの一歩」を読み始めました。

 

 

結構すぐに

プロのライセンスを獲得してましたが

すごいですね、努力の量が。

 

 

学べそうなので

一日に3話ずつ読んでみたいと思います。

 

 

【今日の学び】

プロとしての覚悟を持て!

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。
LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss