兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

「だからこそ」の威力!!!

おすすめ記事

LINEで送る
Pocket

【No.1658】

 

こんにちは!

後押ししてますか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

今日は久しぶりに

外出も打ち合わせなどもなく

家でゆっくり出来ています。

 

 

ということで

本を分野別に整理して

まとめ読みして考えを整理することに。

 

 

いつもは1冊ずつしか

メモを取ったりしないんですが

 

 

例えば

「セールス」について書かれている本20冊を

一気に拾い読みしていくと

テーマごとの考えがすごく整理できます。

 

 

気になるテーマは

たくさんありますからね。

 

 

マーケティング

ビジネスモデル

コアファンビジネス

チームづくり

などなど

 

 

昔はただの知識の整理でしたが

今は実際の現場があって

より自分ごととして吸収できます。

 

 

使う場面が

すぐに浮かんでくる感じ。

 

 

これが予想以上に収穫があって

貢献力が上がっていくのが実感できます。

 

 

使う前提でのインプット

一番効率的だなって思います。

 

 

ただ

 

 

一時的に

部屋がものすごく散らかっちゃいますけどね。

 

 

ということで

整理した情報の中で

これ、面白いなっていうのをご紹介します。

 

 

ちょっとテクニック的に聞こえるかもですが

自分としては使っていきたいと

思えるものでした。

 

 

セールストークの中で

よく「イエス・バット法」って

ありますよね。

 

 

お客さんからの言葉を

一旦イエスで受け止めて

その後違う理由を話すというやつ。

 

 

例えばこんな感じ。

 

 

 

お客さん:いいのはわかるけど高いよね。

 

営業:確かに高いかもしれません(イエス)

でも(バット)、こんなことも出来るんです。

 

 

これの問題点は

一旦受け止めたとしても

どうしても抵抗感を感じさせてしまうところ。

 

 

なので使うの要注意の方法でも

あるんですよね。

 

 

受け止めるイエスの部分はいいんですけど

その後は違うパターンを

持ってきた方がよさそうです。

 

 

イエスで受け止めた後に

質問をすることで

相手に気づかせる高等テクニックも

あるようですが

 

 

今日ご紹介したいのは

「だからこそ」です!

 

 

英語で言うと

So that!

 

 

お客さん:いいのはわかるけど高いよね。

 

営業:確かに高いかもしれません(イエス)

だからこそ(So that)、〇〇さんのような

大きな成果につなげてもらえる人に

使ってもらいたいんです!!!

 

こんな感じでかなり前向きで

最後に「!!!」がつきそうな

言葉が続きますよね。

 

 

こう言われてしまうと

高いというのはマイナスの印象が

なくなってしまいますよね。

 

 

接続詞を変えるだけで

伝えることも伝わることも

これだけ変わってくるんですね。

 

 

あらゆるパターンで

使えそうな「だからこそ」という

パワーフレーズ。

 

 

だからこそ、あなたに使ってもらいたい!!

だからこそ、あなたと仕事したいんです!!

 

 

言っているこちらも

前向きになる言葉ですね。

 

 

ちょっと意識してみたいと思いました。

 

 

部屋が本で散らかっている。

 

 

だからこそ

何か新しいアイデアが生まれる予感です!!!

 

 

【今日の学び】

 

「だからこそ」前に進もう!

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。
LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss