兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

時間もお金も有限だけど、大事なのは

成功習慣

LINEで送る
Pocket

【No.1264】

 

こんにちは!

いい1時間でしたか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

今日は午後一の予定を

間違えてしまっていました。

 

 

明日の午後一の予定が正解だったんですが

日にちを間違えていました。

 

 

ということで

2時間弱ですが時間ができたんですよね。

 

 

西宮にいる時は

基本的に家で仕事をしているので

時間がちょっとではありましたが

外に出てみました。

 

 

カフェでの方が

短時間でも集中できるんですよね。

 

 

インプットも捗るし

アイデアを出す仕事も捗ります。

 

 

ということで

近くのショッピングモールに

行ってみたんですが

 

 

その中にあるカフェは

びっくりするくらい混んでました。

 

 

まん防明けというのもあるんでしょうが

平日ですよ。

 

 

どのカフェも行列。

 

 

移動だけで時間をロスする展開なのかと

心配しましたが

 

 

最終的にまったく馴染みのない

ロコモコがウリのお店を見つけて

コーヒーだけ飲んできました。

 

 

1時間くらいになっちゃいましたが

とても濃い時間にできました。

 

 

時間って面白いもので

同じ1時間でも

濃さがまったく違いますよね。

 

 

ダラダラしてても1時間。

テキパキしてても1時間。

 

 

事務処理してても1時間。

アイデア出ししてても1時間。

 

 

自分のことに使っても1時間。

誰かのために使っても1時間。

 

 

1時間は有限なもの。

だけど1時間の使い方は無限。

 

 

これって1万円とも

置き換えることができますよね。

 

 

1万円は有限なもの。

だけど1万円の使い方は無限。

 

 

モノに変えることもできるし

タクシーに乗って

人に会いに行くこともできる。

 

 

新しいお客さんに

出会うことにも使えるし

人を元気づけることにもつかえる。

 

 

まさに無限。

 

 

結局は使い方ですよね。

 

 

時間にしても

お金にしても。

 

 

極論

人の成功はその人が何に時間を使ったかである。

 

 

こんな言葉がありますが

本当にそうかもしれないですね。

 

 

人生そのものも

同じですね。

 

 

人生は有限。

だけど人生の使い方は無限。

 

 

なんにでも

使えますよね。

 

 

無限だから。

 

 

可能性をすごく感じますよね。

 

 

まずは目の前の1時間を

どんな面白くて濃いものにするか。

 

 

場所などの環境も

大事な要素なんじゃないかと思いました。

 

 

今日のその1時間は

5年前に書き溜めていたメモから

ビビッとくるものを整理したんですが

新しいアイデアがかなり得れました。

 

 

ただ

 

 

ロコモコがウリのせいか

周りは女子会だらけで

 

 

Tシャツの巨神兵は

少しだけ周りの目が気になりました。

 

 

アウェイ感ありましたね。

 

 

早くホームのカフェを

開拓しなきゃと思いました。

 

 

 

【今日の学び】

まずは濃い1時間を過ごすことから

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。
LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss