兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

1度の差でも放っておくと大変なことになる

おすすめ記事

LINEで送る
Pocket

【No.1697】

 

こんにちは!

角度を調整してますか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

今日は朝から広島へ移動。

 

 

明日の午後には

尼崎での予定があるため

トンボ帰りにはなりますが

 

 

新幹線での短期の広島出張は

移動中に仕事もできるし快適です。

 

 

そういえばお客さんとの

昨日の打ち合わせで

採用の話が出てたんですよね。

 

 

どこを入り口にして

どうやってどんな人を

採用しようかなと。

 

 

私としては

理念という大きい方向性

一致している人がいいと思うと伝えました。

 

 

方向性が違うと

ズレは進めば進むほど

大きくなりますからね。

 

 

この方向性の角度のズレって

思った以上にでかいんです。

 

 

例えば

1度のズレって聞くと

大したズレに感じないじゃないですか。

 

 

45度のズレだったら

あからさまにヤバそうだけど。

 

 

でもその1度のズレだって

バカになんないんです。

 

 

1度角度がずれていると

10m進んだ時には17.4cmのズレに

なっているんですよね。

 

 

まあこれでも大したことないでしょうけど

100m進むと174cm

 

 

1km進むと17.4mです。

 

 

17mっていうと

4回建てのビルくらいですからね。

 

 

かなりズレちゃいますよね。

 

 

こんな感じで距離を伸ばして考えて

月から地球へロケットを飛ばすとすると

もし角度が1度ズレちゃうと

地球5個分ズレることになるそうです。

 

 

こりゃ

なかなか大問題なわけです。

 

 

だから

長期で一緒に働きたいって考えるなら

方向性のズレは注意が必要です。

 

 

そういう意味で

入社の時点で大きく方向性が

違えば難しいというわけです。

 

 

だからと言って

入社時点で1度もズレないやつを

見つけなきゃいけないのかというと

そんなことはありません。

 

 

そんな人は基本いないですからね。

 

 

ではどうすればいいか。

 

 

何度も何度も進みながら

角度を調整していけばいいんです。

 

 

それこそ

毎日!!

 

 

毎日修正して

角度を揃えていけば

一瞬ズレが起こったとしても

すぐに修正できるわけです。

 

 

理念経営で言えば

毎日理念に触れる。

 

 

理念という軸に戻って考える。

 

 

これを積み重ねることです。

 

 

この修正する力が強ければ

スタート時には大体の方向性があっていれば

まったく問題はありません。

 

 

角度が違いすぎる場合には

修正うんぬんではなく

同じ方向性の船に乗った方が

その人にとっても幸せです。

 

 

ということは

まずスタート時点で

ちゃんと方向性を示しておかないと

いけないということ。

 

 

どんな人を採用しようかなの前に

自分たちの方向性はこうだって

明確にできているかを

まずはチェックが必要ですね。

 

 

私も身近な人との

角度の差をもう少し意識して

修正を積み重ねていきたいと思います!

 

 

【今日の学び】

 

修正の積み重ねが大事!

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。
LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

人気記事(トータル)

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss