兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

スモールビジネスの支援で大事なこと

おすすめ記事

LINEで送る
Pocket

【No.1589】

 

こんにちは!

走ってますか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

最近出張に行く時は

新神戸駅まで車で行くんですよね。

 

 

少し離れたところの駐車場を

利用するのであれば

1泊900円と安いですし。

 

 

ここで5分くらい歩くんですが

行くのも帰るのも

最後は車っていうのが楽なんですよね。

 

 

ただ最近誤算なのは

その車の移動での渋滞です。

 

 

混んでなければ

20分もかからないんですが

高速道路で渋滞になることが

増えてきました。

 

 

そのため

今日も予定している電車に乗り遅れ

次の電車にもぎりぎりになってしまい

 

 

めちゃめちゃ走りました。

 

 

今日の学びは

二日酔いで荷物を持って全力で走ると

吐きそうになるということですね。

 

 

なぜ二日酔いかというと

昨日中企業診断士の方が集まる会の

懇親会にお邪魔したからなんです。

 

 

私ははじめましての方ばかりだったので

自己紹介や質問をいただいたりしました。

 

 

質問されるのって

自分でも想定していない答えが

見つかったりするので

貴重な機会ですね。

 

 

ある方に

スモールビジネスの支援をされる時に

注意していることはなんですと聞かれました。

 

 

質問されると

いろんなことを考えることができます。

 

 

あれ?そもそもなんで

スモールビジネスを専門にしてるんだっけとか。

 

 

これは

私の偏見で大手はガチで変わる気がないと

いうのもあるんですが

 

 

自分が応援したいと思った人が

ちょうどこのサイズの組織のことが

多いんですよね。

 

 

なので

実は規模で分けているということでは

ない気がしてきました。

 

 

こいつを本当に応援したい

この人を本当に押し上げたい

 

 

そう思える人が

100人の会社の経営者だったら

それはそれで死に物狂いで

応援している気がしました。

 

 

そんな気づきもありましたし

何を注意しているかという

質問自体の答えとしては

 

 

腹を括ることかなと

思いました。

 

 

覚悟ってこと。

 

 

10人以下のスモールビジネスは

なんでもガチなんで

経営者の人は見抜く力

桁外れにすごいと思います。

 

 

本気じゃなかったら

すぐに見抜かれます。

 

 

逃げ腰だったら

すぐに見抜かれます。

 

 

疑っていたら

すぐに見抜かれます。

 

 

これは逆のことも言えます。

 

 

腹を括っているのも

見抜いてくれます。

 

 

誰よりも本気だったら

見抜いてくれます。

 

 

その人の未来を

誰よりも信じていたなら

それも見抜いてくれます。

 

 

だから

一番注意しているのは

覚悟感なんだと思います。

 

 

人に質問してもらったから

整理できた気がします。

 

 

整理できたから

もっと注意できますね。

 

 

これからも

自分に問うていきたいと思います。

 

 

覚悟は十分か?

 

 

伝わることを信じて

これからも支援していきたいと

思います!

 

 

【今日の学び】

 

覚悟感を武器にしろ!

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。
LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss