兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

究極の自立型人材はこう考える!

おすすめ記事

LINEで送る
Pocket

【No.1567】

 

こんにちは!

どう捉えてますか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

車に乗ったら

iphoneが自動的に接続されて

音楽が流れるようになっているんですが

 

 

最近流れてきたのが

イケイケの曲ではなくて

セミナーの音声でした。

 

 

私にとって

コンサルタント業界の入口は

福島正伸先生だったんですが

 

 

その福島先生の

セミナーの音声でした。

 

 

サラリーマン時代に

はじめて高額な講座に参加しましたが

 

 

よく考えると

この時の同期との出会いが

今につながっていますね。

 

 

今日家族で近くのスーパーに

出かけた時にも車から流れてきて

妻に「懐かしいの聞いてるね」と言われました。

 

 

そうですよね。

 

 

私は基本的に音楽を聞かないので

その当時はこの音声ばかりを

車で流してましたからね。

 

 

娘がこれ何?って聞いたら

妻は「知らないおじさんの音声」って

説明してました。

 

 

そりゃそうでしょうね。

 

 

顔も知らなければ

独特の喋り方と笑いのセンスですからね。

 

 

でも

私の中にはかなりこの考え方が

染み込んでいて

 

 

自分のコンサルタントとしての

あり方に影響を与えていると思います。

 

 

今日聞いていたら

とてもハッとする内容がありました。

 

 

最近このブログで

今から世の中は

これまでに経験したことがないスピードで

変化をしていくとよく書いています。

 

 

実際そうだとは

思います。

 

 

世界的な動きなので

スピードも早いだろうし。

 

 

でもそれをどう捉えるかで

全然変わってきますよね。

 

 

例えば世の中がこれから悪くなるとか

メディアや政治家がこんなんだからとか

 

 

周りのせいにしていたら

不安不満しか出てきません。

 

 

そんな世の中になったらどうしようとか

なんでちゃんといい世の中に

してくれないんだとか。

 

 

ただ

福島さんが目指すべきだとする

自立型人材であれば

こう考えるということです。

 

 

どんな世の中にしようかな〜

 

 

不安や不満ではなく

自分の出番として捉える。

 

 

周りがとか世の中がとか

そんなことは関係ない。

 

 

こんな時こそ

自分の出番として捉え

究極の当事者意識で

 

 

どんな世界を

作っていこうかな〜

 

 

と楽しむ姿勢が大事と

話されてました。

 

 

本当、それですね。

 

 

ガツンときました。

 

 

今こそ

自分の出番であり

 

 

どんな世の中にしていこうかって

ニタニタしながら

自分ごととして進んでいく。

 

 

これですね。

 

 

よく考えると

私の恩人の人たちは

みんなこんなタイプばかりです。

 

 

改めて

自分が積極的に

どういう世界を作るかを

考えさせられました。

 

 

いい機会なので

書籍やテキストも振り返って

学びを血肉にしていきたいと思います。

 

 

【今日の学び】

 

どんな世の中にしようかな〜

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。
LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss