兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

演歌歌手の強さに学べ!

LINEで送る
Pocket

【No.1241】

 

こんにちは!

酒場通りですか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

娘がちょっと前から

ピアノを習い始めて

家でもたまに練習しています。

 

 

月曜日に市場に出かけ〜🎶

糸と麻を買ってきた〜🎶

 

 

一週間っていう曲ですかね。

 

 

エンドレスで

徐々にスピードアップしながら

弾いているのが聞こえてきます。

 

 

私も実家にピアノがあったので

少しだけ弾けます。

 

 

といっても

覚えているのは2曲くらい。

 

 

「ねこふんじゃった」と

なぜか「北酒場」です。

 

 

北の〜〜〜〜

酒場通りには〜〜〜〜🎶

 

 

小学校低学年くらいでしたが

なんかそういうカセットやレコードがあったりで

今でも歌詞も覚えていますね。

 

 

といっても

弾けるのは前奏の部分。

 

 

全部黒い鍵盤で弾ける曲だったので

未だに覚えているんでしょうね。

 

 

子供の頃って

演歌の良さって

あんまりわからないじゃないですか。

 

 

おじいちゃんおばあちゃんは

なぜあんなに好きだったんだろうか。

 

 

大人になったら

わかるのかなって思ってましたが

41歳では未だにわからないですね。

 

 

でも演歌のすごさは

なんとなくわかってきました。

 

 

だって

少数のファンの人に

ずっっっと応援されて成り立ってますもんね。

 

 

テレビにもそんなに出ないけど

ファンの人がCDやイベントで応援して

支え続けているからこそ

 

 

すぐに引退することなく

ずっと仕事として成り立たってる。

 

 

事務所ゴリ押しの

パッと出アイドルよりも

活躍される期間は絶対長いですよね。

 

 

私たちスモールビジネスは

この演歌のような売れ方が

必要なのかもしれません。

 

 

広告費をかけまくって

数年で消えてしまうようなビジネスではなく

 

 

一人一人のファンを

一生のファンとして大事にして

目立たずとも堅実にビジネスしていく。

 

 

演歌歌手って

ファンと直接あって握手することを

とても大事にしているそうです。

 

 

ある本に

こんなパワーワードがありました。

 

 

演歌歌手は3000人と握手したら

一生食べていけると言われている

 

 

私たちスモールビジネスも

業種によって多少変わりますが

 

 

100人の人に

思いっきり応援されたなら

失敗のしようはないと思うんですよね。

 

 

多少の応援なら

300人とかで十分じゃないでしょうか。

 

 

その代わり

その人たちとは

一生の付き合いのつもりで接する。

 

 

そんな活動の先に

少しずつ周りに知られて

必要な人に巡り合う。

 

 

範囲を一気に拡大するのは

それからでいいんじゃないかと思います。

 

 

演歌歌手のように

長く愛されるビジネスをしていきたいですね。

 

 

やぶれた恋の数だけ人に

やさしくできる

北の酒場通りには

男を泣かせる歌がある〜〜〜🎶(2番)

 

 

涙もろい私ですが

全然泣けませんけどね。

 

 

もう10年経って

人生の深さがもっとわかるようになったら

きっともう少し心が震えるはず。

 

 

それまで

もっと精進していきたいと思います。

 

 

【今日の学び】

演歌歌手のようなビジネスを目指せ!

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。
LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss