兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

成長にはこれが必要じゃないかという話

LINEで送る
Pocket

【No.1416】

 

こんにちは!

サイと遭遇してますか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

今日は広島で研修してたんですが

私は毎回研修のスタートで

アイスブレイクをします。

 

 

ただ

アイスブレイクといっても

毎回絶対Good&Newしかしません。

 

 

この1ヶ月で

よかったことや新しくやったこと。

 

 

これをしっかり聞くだけで

かなりみんな盛り上がるので。

 

 

でも本当の理由は

私がアイスブレイク恐怖症だからです。

 

 

私がサラリーマンだった頃

外部のコンサルタントが来て

研修の初めにアイスブレイクをしたんですが

 

 

今から動物の真似をして

歩いてください

 

 

というかなり無茶振りのものでした。

 

 

アイスブレイクどころか

空気が凍りつくわい!!

 

 

と思いながら

めんどくさい中

身長を生かして適当にキリンをしてました。

 

 

早くこの地獄の時間が

終わってくれと。

 

 

そうしたら

地獄はここからでした。

 

 

正面に出会ったペアで

どんな動物か聞いてみてください。

 

 

あぁ、絶対イヤだ。

 

 

それでも適当にやって終わろうと

思ってはいたんですが

 

 

向こうから

技術本部長みたいな役職の人が

本意気のサイの真似をして

こちらに向かってくるではありませんか。

 

 

そのお偉いさんは

何事にも手を抜けないタイプだったんでしょうね。

 

 

南海キャンディーズの

シズちゃん以上のクオリティで

こちらに向かってきました。

 

 

この時の記憶が強烈しすぎて

それ以来アイスブレイクでは

Good&Newしかしていません。

 

 

そして今日は

研修で新しい試みに着手したんですが

それはまた効果が出てから

紹介させていただきます。

 

 

今日はその後に食事に行った際に

チャレンジの姿勢として

大事なことを話したのでその内容で。

 

 

それは

「背伸び」の感覚が

成長に大事だよねということ。

 

 

社長も常に

その感覚で新しいことに

取り組んでいるという話でした。

 

 

チャレンジが

全然背伸びをしないことなら

成長はそんなに期待できません。

 

 

できる範囲の中でやっているだけだから。

 

 

成長にフォーカスするなら

今の自分よりも背伸びをした感覚が

必要になるのです。

 

 

今日話が出てたのは

ジャンプじゃなくて背伸びという話。

 

 

私はその社長らしいなと思いました。

 

 

というのは

ジャンプのチャレンジは

周りの人の迷惑がかかると

よく話されてましたからね。

 

 

でもジャンプはダメでも

背伸びはせなあかんよと

従業員さんにお話しされてました。

 

 

背伸びの感覚わかるわぁ。

 

 

ちょっと無理した感覚が

成長する際にいつもありますもんね。

 

 

最近背伸びできてるかな。

 

 

改めて振り返る機会になりました。

 

 

【今日の学び】

 

複数人で複数事業をしよう!

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。
LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

この記事へのコメント

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss