兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

ネーミングは戦略的に考えよう!

LINEで送る
Pocket

【No.1312】

 

こんにちは!

名付けてますか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

先日娘と百均に

行った時のこと。

 

 

娘はお絵かきが好きで

ノートにたくさん絵を描きます。

 

 

先日

絵を描き直すのに

とても消しにくそうにしてたなと思い

 

 

あの消しゴムがないかなと

探しました。

 

 

そう、あれです。

 

 

まとまるくん

 

 

あの消し易さの衝撃。

 

 

発売されたのは小学生の頃でしたが

今でも覚えています。

 

ネーミングが絶妙ですよね。

 

 

インパクトもだし

用途というか

もはやこれはストーリーの域かも。

 

 

使った後の消しかすが

まとまるということが

名前から伝わりますもんね。

 

 

それまでの消しゴムは

消えにくかったですもんね。

 

 

キン肉マン消しゴムとか

消しちゃいけないのかもだけど

あんなのばかりでした。

 

 

結局

百均にはまとまるくんは

なかったんですけど

 

 

改めて

ネーミングの重要性を

考える機会になりましたね。

 

 

そりゃそうですよね。

 

 

ネーミングは

売上まで変えますからね。

 

 

レナウンの紳士用靴下の

「通勤快足」も有名な事例です。

 

 

元々は

「フレッシュライフ」という名前の

靴下として販売。

 

 

3億円の売上が45億円と

15倍になっているんですよね。

 

 

「通勤快足」というネーミングだけで

満員電車においてもムレない靴下というのが

伝わってきますもんね。

 

 

似たような事例で

「三陰交をあたためるソックス」から

「まるでこたつソックス」に変えることで

売上が17倍になった事例もありました。

 

 

性能よりも効果。

 

 

特徴よりもベネフィット(利益)。

 

 

こっちの方が伝わりますね。

 

 

イメージできますもん。

 

 

名前をつけるって

思っている以上に重要ですね。

 

 

安易につけちゃだめですね。

 

 

商品の名前

サービスの名前

会社の名前

プロジェクトの名前

 

 

目的に合わせて

戦略的につけなければいけません。

 

 

名前によって

どういうものか伝わったり

何と比べられるかまで決まります。

 

 

意味も伝わるし

ストーリーも伝えることもできますもんね。

 

 

名前の構成パターンも

いくつかあります。

 

 

・場所やモノや人の名前から(ブリヂストン)

・組み合わせ(インスタント+テレグラム=インスタグラム)

・頭文字を略す(IBM)
・「想い」を込める(壱番屋)

・事業内容をわかりやすく(アスクル)

 

 

私は意味を込めるというのと

わかり易さを重視したいなと思い

 

 

社名決めという

深い深い森に迷い込んでいます。

 

 

社名だけじゃなく

取り組みについても

名前をつけるのっていいですよね。

 

 

チーム感出て。

 

 

〇〇大作戦のような名前をいつもつけてる

青学の駅伝の原監督を見習って

名前を活用していきたいと思います。

 

 

でも検索してみたら

エビフライとか

ヨロシクとか

やっぱりとか

 

 

なんか安易なネーミングでしたね。

 

 

まぁ

名前をつけること自体に

意味があるんでしょうけど。

 

 

とりあえず数出して

いろいろ名前考えてみます。

 

 

自分のブログ

読み返してみようかな。

 

 

【今日の学び】

ネーミングは戦略を持って

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。
LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss