兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

苦労したことが未来の誰かの役に立つ

名言

LINEで送る
Pocket

【No.1295】

 

こんにちは!

バッテリーは持ちましたか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

広島に弾丸出張に行ってたんですが

すごいですね。

 

 

☔️

 

 

朝からスマホの

緊急アラートが何度も鳴っていました。

 

 

避難してくださいって。

 

 

私のホテルの近くは

駅前ということもあり

特に危なくはなかったんですが

 

 

もっと山の方に行ったところでは

川が氾濫していたみたいです。

 

 

ということで

JRは運休。

 

 

そういえば昨日も運休してたんですよね。

 

 

お客様のご好意で

新幹線の広島駅まで送っていただき

なんとか新幹線に乗ることができました。

 

 

新幹線が動いているうちに帰らないと

またいつ止まるかわかんないですもんね。

 

 

今回出張の必需品のパソコンの充電器を

忘れた1泊2日でしたが

 

 

結局なんとかなりました。

(お客さんにちょっとお借りできたし)

 

 

6時間のZOOMセミナーに

参加していたんですが

新しいパソコンはそれにも耐え抜きました。

 

 

参加していたのはこちら!

 

毎日ブログセミナーの9ヶ月会。

 

 

せっかくの神戸開催なんですが

私は広島のホテルから

参加させていただきました。

 

 

昨日セミナーも

たくさん気づきがありましたね。

 

 

特に「強み」に関しての話で

 

 

過去の浄化

他人のメリット

強み

 

 

これらはしっかりつながることが大事で

やっぱり過去自分が苦労したことこそ

他の人に役立つ強みになるなってことを

改めて実感しました。

 

 

自分が苦労したことが

商品になる

 

 

こう表現していた人もいましたが

これはその通りだなと思うんですよね。

 

 

私のことで言うと

 

 

ずっと成果をあげることが

できなくてしんどくて

 

 

その時に苦労して

ビジネスモデルを学んで実践したことで

はじめて成果を作るということが

わかってきたように思います。

 

 

昨日グループセッションの時に

ずっと成果出なかったの「ずっと」って

どのくらい?って聞かれました。

 

 

よく考えたら

20年くらいな気がします。

 

 

まあまあ長いですね。

 

 

その間

ずっとどこかに答えがあるんじゃないかと

何千冊もいろんな本を読んできてたなぁと。

(青い鳥症候群)

 

 

 

 

面白いことに

というか

恥ずかしいことに

 

 

それは実践して

恥をかいた向こう側にあるものということが

少しわかってきたんですよね。

 

 

回り道のようだったけど

その時に答えを探し回った日々が

今の判断基準に大きな影響を与えています。

 

 

目の前に機会があった時

そのものの価値を気づくことができた。

 

 

そのために

必要な20年間だったなと。

 

 

自分が苦労したからこそ

人の役に立てるんだなと思います。

 

 

ずっと成果が出せなかったから

一緒に成果を出すお手伝いをしている。

 

 

ずっと恩返しができなかったから

一緒に恩返しするお手伝いをしている。

 

 

自分が苦労したことが

未来の誰かのためになる。

 

 

どう考えると

今取り組んでいるきついことも

前向きに捉えることができますね。

 

 

 

【今日の学び】

かつての苦労は未来の誰かを救うためにあった

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。
LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss