兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

孫子に学ぶ基本スタンス

LINEで送る
Pocket

【No.1422】

 

こんにちは!

誰派でしたか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

高校から大学くらいにかけて
三国志にめちゃめちゃハマってました。
その影響で大学の卒論は
孫子的組織論という
なんともクセの強い内容にしましたもんね。
きっかけははじめは
ゲームだった気がします。
三国志のこんなシミュレーションゲームが
流行ったんですよね。
だいたいみんな
劉備玄徳が好きだったと思いますが
私はこのマンガの影響で
曹操孟徳が好きでしたね。
このマンガで
凄まじすぎる人間として
描かれています。
悪名高きエピソードも
善悪のモノサシなんかじゃ測れない
デカすぎるスケール感だったからかもと
思わせてくれるマンガでした。
スラムダンクに並ぶバイブルですね。
2巻まではエロマンガ色が強いけど。
さすがモーニング。
そして
三国志にハマりまくった影響で
孫子の兵法にハマったんですよね。
三国志に登場する名軍師達は
基本的にこの孫子の兵法を学び
戦いにおいて用いていました。
曹操なんて
孫子の兵法に注釈をつけるくらい
研究していたからこそ
あれだけ戦が強かったんだと思います。
孫子の兵法は
現在のビジネスでも
使えることが多いため
多くのビジネスマンに人気です。
私もたくさん本を読みましたし
何よりバスケットボールにおいて
いろんなことを試しました。
私の今のチームづくりは
その時の学びと体験がベースになっています。
だから
部活感があるんでしょうね。
今日はそんな孫子の兵法から
とても有名な言葉をご紹介します。
百戦百勝は善の善なる者に非ず

 

 

この言葉に

孫子の基本スタンスが一番

表現されていると思います。

 

 

100回戦って100回勝つ

 

 

これって一見良さそうじゃないですか?

 

 

まさに無敵。

 

 

だけど

これはダメよって

2000年以上前の人が

行っているのです。

 

 

なぜ百戦百勝ではダメなのか?

 

 

それは

例え勝つとしても

戦ってしまうとこちらも無傷じゃ

すまないからです。

 

 

国と国との戦いだったら

尚更ですよね。

 

 

勝ったとしても

とても多くの犠牲を払うのです。

 

 

では最善は何か?

 

 

それが

戦わずして勝つです。

 

 

これです!

 

 

だから孫子は

情報というものをとても大事にしました。

スパイも活用して。

 

 

三国志のゲームでも

相手の国で噂を流して

強い武将と君主の信頼関係を

壊すという作戦がありました。

 

 

忠誠心が下がったところで

こちらから手厚く出迎えて

こちらの味方にする。

 

 

人間って

昔からそんなに変わっていませんね。

 

 

私はこの「戦わずして勝つ」というのは

ビジネスにおける「マーケティング」だと

思いました。

 

 

売らずして指名買いされる。

 

 

ブログの師匠的には

頭を下げずに売る!

 

 

実際の戦いを「セールス」とすると

セールスするまでもなく

買ってもらう。

 

 

あぁ、まさしくマーケティングですね。

 

 

孫子とビジネスはつながりが深い。

 

 

そして私も成長したので

昔では気づかなかったつながりが

情報と情報の中で見つけられます。

 

 

今、もう一度読んでも

再解釈しても面白そう。

 

 

孫子が戦わずして勝つという基本スタンスなら

孫子の他の兵法や考え方も

マーケティングやセールスや

ビジネスモデルに置き換えられそうな予感。

 

 

また孫子シリーズを

書いてみようと思いました。

 

 

 

【今日の学び】

 

孫子はビジネスモデルに通づる、かも

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。
LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss