兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

会議の状態でわかる

学び

LINEで送る
Pocket

【No.1398】

 

こんにちは!

リラックスしてますか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

今日は昼の予定が

土壇場で延期になって

時間ができたので

 

 

サウナに行ってきました。

 

 

1時間もかからずに

スッキリすることができるので。

 

 

10分サウナで

1分水風呂に入って

10分外気浴をする。

 

 

外気浴する時間が

とにかく気持ちがいいんです。

 

 

そんな外気浴の時間は

身体中の血管が

調整をとっている感じで

マジで気持ちいいですね。

 

 

きっとこの感覚が

整っているに近いのかなと思っています。

 

 

そんな時間は

ある意味自分一人で

会議をしているような感覚です。

 

 

これから先

何をして行こうかなって

ゆっくり考える時間でもあります。

 

 

走り出すために

とても重要な時間ですね。

 

 

そんな会議って

会社にとっても重要ですよね。

 

 

この会議の状態をみれば

会社がうまくいってるかどうかって

すぐわかりますからね。

 

 

会議の状態は

会社の状態を表す。

 

 

これって

その通りだと思うんです。

 

 

確認すべきは会議の場づくり

上手くいってるかどうかです。

 

 

危険不安ネガティブな

会議をしている会社は

確認するまでもなくうまくいってません。

 

 

よく考えてみると

会議の技術があるかどうかって

思っている以上に重要な要素です。

 

 

だって

今までの歴史の転換点でも

会議ってあったと思うんですよね。

 

 

戦国時代もそうだし

明治維新の時だってそう。

 

 

何か決めないといけない局面があって

その時に何かを会議で決定していたんだと思います。

 

 

大丈夫だったんかな。

 

 

よくわかんないけど

明治維新の時とか戦後のとか

そんないい会議するスキルがないのに

エイヤで決めちゃってなんじゃないのかと思います。

 

 

そう考えると

会議での技術はそのコミュニティの

未来を決めているといっても

過言ではありません。

 

 

会議では

目的も大事です。

 

 

何を決めるための会議か

何をゴールにした会議か

 

 

これらが決まっているから

それに対していい会議だったか

良くない会議だったかもわかるわけです。

 

 

会議から考えてみる。

 

 

考えるためには

まさにここからだと思います。

 

 

会議からいい会社を増やしていきたいですね!!

 

【今日の学び】

                                                                                                                                                                                                                                                           
会議からいい会社を増やそう!

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。
LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss