兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

「追いつく」と「追い抜く」の大きな差

おすすめ記事

LINEで送る
Pocket

【No.1305】

 

こんにちは!

どっちですか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

今更ですが

「はじめの一歩」を読んでいます。

 

 

昔連載していた時は

毎回読んでいたわけじゃなくて

とびとびだった気がします。

 

 

だからたまたま見た名場面を

断片的に覚えている感じ。

 

 

なので

今読んでみて新鮮です。

 

 

主人公の幕之内一歩

しばらく負けることないだろうなって

変な安心感はありますけどね。

 

 

必殺技のデンプシーロール

どのタイミングで出てくるのか

楽しみです。

 

 

そんな一歩が日本ランキング10位の時

5位だった沖田と戦った一戦が

とても印象的でした。

 

 

沖田と同じジムに所属する

日本チャンピオンの伊達に対して

沖田も一歩も憧れを抱いていますが

 

 

決定的に違うのは

 

 

沖田は伊達が目標で

追いつこうとしているのに対し

 

 

一歩は伊達と戦い

もっと強くなるという

追い抜こうという意識でした。

 

 

結果

追い抜こうという意識の

一歩に軍配が上がるのでした。

 

 

「追いつこう」「追い抜こう」

 

 

言葉は似ていますが

目標にしている地点が違います。

 

 

追いつこうはそこがゴール。

追い抜こうはその先にゴールがある。

 

 

ゴール地点が全く違うので

当然結果も変わります。

 

 

100m走で100m地点を目指すのか

120m地点を目指して走り抜けるのか。

 

 

売上目標をそこをゴールにするのか

その20%上を目指して取り組むのか。

 

 

ゴールの地点というのは

達成のハードルが上がります。

 

 

これを「重要度」が高いと言うんですが

重要度が高いままのものは

達成されません。

 

 

意識的に重要度を下げる必要があります。

 

 

そのために有効なのが

もっと先にゴールを置いて

元々のゴールを通過点にすること。

 

 

通過点にすると

その地点の重要度は下がります。

 

 

バスケットボールで言うと

国体選手に選出されることを目標にするより

 

 

国体に選ばれてスタートとして出場して

国体でベスト4まで行くと目標を設定した方が

国体選手に選ばれること自体の達成率は上がります。

 

 

私の前職の先輩も

100kmの山道しか走らないような

ネジが飛んでいる人がいましたが

 

 

その人は42.195kmの道路を走ること自体を

まったくすごいと思っていなくて

多分余裕なんだと思います。

 

 

これって人への憧れについても

同じように思うことがあって

 

 

よく憧れの人に心酔する人は

その人に少しでも近づけたらと

考えてしましがちです。

 

 

それよりも

その人を越えるつもりでやった方が

その人にとってもありがたいと思うんです。

 

 

例えば

あなたにめっちゃ憧れてくれていて

少しでも追いつけたらと考えているA君と

 

 

憧れているけど

いつか追い抜くつもりで取り組んでいるB君が

いるとして

 

 

あなたがピンチの時に

助けになりそうなのって

どっちだと思いますか?

 

 

私は

B君だと思うんです。

 

 

自分に追いつこうとしている人に

自分が解決できないことを

頼らないですもんね。

 

 

だからこそ

憧れている人をいつか助けようと思ったら

「追いつこう」じゃなくて「追い抜こう」って

思ってチャレンジしている方がいいんです。

 

 

ゴール地点の違う

「追いつこう」と「追い抜こう」

 

 

意識的にゴールを先に設定して

憧れの人をバンバン助けられる

そんな人間になっていきたいですね!

 

 

【今日の学び】

「追い抜く」を目標に取り組め!

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss