兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

トップセールスの秘密

成功習慣

LINEで送る
Pocket

【No.1239】

 

こんにちは!

積み重ねてますか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

実は応援しているお客さんの中に

競馬関係の仕事をされている方がいる関係で

ちょっと前に一瞬一口馬主になっていました。

(ご好意でならせていただきました)

 

 

そしてなぜ一瞬だったかというと

デビュー戦で骨折して引退したから

なんですけどね。

 

 

デビュー戦だけ

楽しめました。

 

 

確か10着くらいで

順位はあんまりでしたが

 

 

スタートが出遅れた割に

1着との時間差はほとんどなく

期待される走りはしてたみたい

なんですけどね。

 

 

せっかくなら

写真判定が行われるくらいの

ドキドキを味わいたかったんですけどね。

 

 

ウイニングエッジって

やつですかね。

 

 

鼻の差ってやつ。

 

 

実はこのウイニングエッジって

トップセールスの秘密

ともて関係があるんですよね。

 

 

ウイニングエッジ理論というのがあります。

 

 

競馬において

この鼻の差で1着と2着に分かれますが

賞金の差は10倍違うというもの。

 

 

鼻の差ですよ。

 

 

決して10倍早いわけではありません。

 

 

みんなよりも

10倍の成果をあげる

トップセールスマン。

 

 

だけど

決して10倍能力が高くて

優れているわけではありません。

 

 

10倍長く働いているわけでもありません。

 

 

これもある意味

鼻の差なんです。

 

 

ただ

 

 

その鼻の差を

積み重ねているから

 

 

後にものすごい

差ができてくるんです。

 

 

1回1回は

ただの鼻の差。

 

 

だから

ちょっとの準備の差かも

しれないし

 

 

ちょっとのアフターフォローの

差かもしれません。

 

お礼状とか、メールとか。

 

 

効果的な質問の差かもしれないし

信用を得るために整えた外見の差かもしれません。

 

靴を磨いておくとか。

 

 

本当にちょっとの差かもしれませんが

それを積みかせていくことで

とんでもない差がついてくるわけです。

 

 

野球で考えると

一流の3割打者と

二流の2割5分打者のヒットの差が

5試合に1本の差でしかないように

 

 

ちょっとの差が

トップセールたらしめているのでは

ないでしょうか。

 

 

毎日0.1%改善して成長していくとします。

 

 

1/1000ですから

そんなに難しいことじゃないですよね。

 

 

それを365日続けると

1.44倍に成長できます。

 

 

ちょっとだと思わないで下さい。

 

 

売上前年比44%UPって

なかなかですよね。

 

 

そして

それを10年続けたら・・・・

 

 

なんと

 

 

38倍

 

です!

 

 

微差が大差を生む。

 

 

トップセールスは

微差の積み重ねでできている。

 

 

鼻の差を

積み重ねて積み重ねていきましょう!

 

 

私の場合

昔バスケで鼻を骨折して

完治する前にバスケしてまた骨がずれて

それで固まってしまったので

 

 

それを活かして人よりも鼻の差で

いい着順が取れる形状になっています。

 

 

鼻の差活かして

トップセールスを目指したいと思います。

 

 

【今日の学び】

微差侮るなかれ!積み重ねよう!

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。
LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

人気記事(月間)

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss