兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

結局ラストスパートが必要になったという話

学び

LINEで送る
Pocket

【No.1482】

 

こんにちは!

箱に詰めてますか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

気がついたらあっという間に

明日が引越しになってしまいました。

 

 

バタついております。

 

 

法人も住所を変更しないといけないので

昨日は近くのシェアオフィスに

契約しにいきました。

 

 

登記での住所の利用だけなんですが

その前に面談が必要とのこと。

 

 

セミナーをする会場にも

使えそうなところだったので

もっと早く契約しておけばよかったです。

 

 

ほとんどのことは

迷っているくらいなら

バンバンやってしまった方がいいですね。

 

 

とは言ってみたものの

引越しの準備は大変遅れております。

 

 

あと12時間後

この部屋が空になっているのが

今の状態ではイメージできないですね。

 

 

ここから怒涛のラストスパート

決めるしかないですね。

 

 

追い詰められたら

やるタイプです😅

 

 

まぁほぼほぼ本なので

手を止めることなく

無心でダンボールに詰めていきたいと思います。

 

 

お、面白い本発見!!

 

 

みたいなことはご法度ですね。

 

 

それにしてもこういう引越しの時は

自分がいかに使わないものに

囲まれて生活していているかを

思い知るいい機会になりますね。

 

 

今の家には4年住みましたが

 

その間に一度も読んでいない本

一度も読み返さなかった書類

一度も着なかった服

 

前の引越しからそのままの

段ボールの中の何か。

 

 

絶対いらないですよね。

 

 

なくても困らないというか

あったことさえわかっていない何か。

 

 

そんなものに

部屋の大部分を占領され

ごく一部のもので過ごしてたんですね

この4年間。

 

 

日常的に使うのはごく一部。

 

 

これって

ビジネスにおける知識も

そんなもんかもしれませんね。

 

 

たくさん知識を詰め込んだって

ほとんどのものは1回切り。

 

 

そしてそれっきり。

 

 

実際にお客さんの成果につながる部分は

何度も使うある特定の部分。

 

 

何度も何度もその知識を使って

知恵に変換した部分だけですね。

 

 

結局この部分が

自分自身が使いこなせるものであり

 

 

そこを磨きをかけたり

範囲を少し広げていくことで

貢献力が上がっていくのかなと思いました。

 

 

とはいえ

本棚から本を出して

また新しい家で本棚に入れるので

 

 

気になる本が

たくさん出てきそうな気がします。

 

 

本にはタイミングあるので

こんなすげぇ本を持っていたのかという

再会みたいなのもありそうですね。

 

 

独立前だったり

軌道に乗る前にはまったく必要と

しなかった知識でも

 

 

まさに今の私に

大きな気づきを与えてくれるっていうのは

実際にありますからね。

 

 

ということを楽しみに

今からまた無心モードで

段ボールに詰めていきたいと思います。

 

 

追い込まれてるこの感じ

嫌いじゃない。

 

 

 

【今日の学び】

 

無心で詰めろ!

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。
LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss