兵庫・広島のコアファン
ビジネスモデル構築コンサルタント

まずは中長期の目標を設定しよう!

成功習慣

LINEで送る
Pocket

【No.1458】

 

こんにちは!

逆算してますか?

 

コアファンづくり

コンサルタント山根知典です。

 

 

もう来週は2月になるんですね。

 

 

は、早い!!

 

 

そんな時期に出張も結構いれてるし

引っ越しまでするので

しばらく時間管理が課題ですね。

 

 

来月の引越しは

同じ小学校の校区内という

比較的近所の引越しになるんですが

 

 

最寄駅が

JR甲子園口から阪神甲子園

変更になります。

 

 

JR甲子園口は

あたかも甲子園球場の入り口みたいな

名前がついているんですが

 

 

甲子園口から甲子園球場まで

歩こうと思ったら30分くらいかかります。

 

 

今回の引越しで

阪神甲子園駅まで徒歩8分。

 

 

私の足なら6分ですねウッシッシ (顔)

 

 

阪神甲子園まで近いということは

甲子園球場までも近いということ。

 

 

全然行ってないですが

こっちに住んでる間に

行かないといけないですね。

 

 

もう5年以上行ってない気がする。

 

 

そんな甲子園球場を本拠地にする

阪神タイガースですが

 

 

印象に残っているのは

星野監督の頃ですね。

 

 

確か2003年あたりに

リーグ優勝してましたよね。

 

 

そんな星野監督が

その当時のことについて

TVでこうお話をされていたそうです。

 

 

 

まずはじめに

何年後に優勝すると決める。

 

 

そして次にコーチ陣の1人1人に

阪神が優勝する時に必要なメンバーは誰か?を

名前を挙げさせる。

 

 

それを集めて

そこに入ってない選手は

申し訳ないけど退いてもらい

 

 

そこを埋める選手を

他のチームから呼んでくる。

 

 

面白いなと思ったのは

1年での目標設定ではなく

数年間での目標を設定していること。

 

 

数年後のゴールイメージから

スタートしているわけなんですよね。

 

 

1月ということで

いろんなところで目標設定の話を

する機会がありましたが

 

 

やはり1年での目標設定を続けるだけでは

辿り着けないところがあるなと

思っていたんですよね。

 

 

人は1年でできることを過大評価し

10年でできることを過小評価する

 

 

最近はこの言葉を意識することが

本当に多いです。

 

 

1年でやろうとしたら

今あるリソースで結果を出すしかありません。

 

 

しかし数年での計画ならば

新しいリソースを準備することも

可能なんですよね。

 

 

なので

なんでもできると思うんです、マジで!

 

 

りらくるの社長が260億円稼いだのも

7年でですもんね。

 

 

10年あったら

信じられないところまで

行けるわけです。

 

 

目先の結果を出すことも大事ですが

そこだけにとらわれてはいけません。

 

 

まずは中長期の目標を設定してみましょう。

 

 

そのゴールイメージから逆算してみると

必要な行動も戦略も考え方も

変わってくるはずです。

 

 

大きな絵を描いて

そこに向けて走っていきましょう!

 

 

今できることで1年を

計画するループから抜けると

きっと新しいものが見えるはずですからね。

 

 

【今日の学び】

 

中長期の目標を設定しよう

 

 

 

1222記事書いてたアメブロはこちら

コアファンづくりコンサルタント山根知典のブログ
コアファンづくりコンサルタント山根知典さんのブログです。最近の記事は「自己開示力は武器になる」です。
LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園1丁目8-21-302
定休日 土・日・祝日
営業時間 10:00〜18:00

コメントを残す

           

コアファンづくり
コンサルタント

                               
名前山根 知典
住まい兵庫県

Profile

兵庫県西宮市在住。
恩人の多い広島と関西でスモールビジネスのコアファンづくりのお手伝いをしています。

スモールビジネスはコアファンに支えられています。
新規を取り続けるだけでファンを作れないビジネスはこれからの時代をやっていくことはできません。 スモールビジネスは客数が必要ないビジネスモデルがそもそも必要です。

私自身も、何もない時から私の可能性を信じてくれた人達によって救われてきました。 コアファンに報いること、恩返しする仕事こそ、何よりも楽しく幸せに成功できる道だと確信しています。

社長にファンがつくのは当たり前かもしれませんが、まずは従業員さんに会社の1番のファンになっていただき、会社のファン、従業員さんのファンを生み出す仕組みを一緒に作っていきます!

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss